Dr.Gsクリアネイル

家族の爪水虫(爪白癬)は他人事ではありません

「Dr.Gsクリアネイル」で家族を爪水虫から守り白癬菌を退治

爪水虫の方の爪は、水虫の原因菌である白癬菌でいっぱいです。

一般的に白癬菌が繁殖しやすいと言われる湿った環境を放置することで白癬菌と接触することになりやがて感染という経路とは別に、爪水虫の方の爪の欠片や皮膚が散乱することで、白癬菌スポットが出来てしまうということがあります。

更に危機感を抱いてもらうために付け加えると、白癬菌は何も足にだけ感染するわけではありません。白癬菌は、環境さえ整えばどこにでも良いのですから、体や頭、顔などにも同じように感染します。

足や手に感染した場合に水虫と呼ばれるだけなのです。

つまり、ソファやカーペットの上に爪水虫の爪の欠片や水虫の皮膚が落ちていれば、うっかりそこに寝そべってしまったお子さんの体や顔に感染し、隠しようのない症状となって表れることになるのです。もしバスタオルなどを共有することがあれば、どこに感染するか分かりません(ちなみに白癬菌は水に流れるので一緒にお風呂に入っても感染の心配はほぼありません)。

だからこそ、水虫を患ったご家族がいる家庭では掃除をこまめに、タオルやスリッパなどは専用にする、と言われます。

基本中の基本ですが、やはりどうしても、ご本人が無頓着で家族に感染させる可能性があるという自覚がないと何も始まりません。あなたが感染源なのだ、治療を始めないと家族みんなで苦しむ羽目になるのだということを分からせなければならない。意識の低さこそが、ここでは最大の敵であり、水虫の悩みの大本なのです。

まずは白癬菌が感染し得る生活スタイルや環境を理解してもらいましょう。

ご家族が無頓着ならばこれはむしろ治療より困難なことかもしれません。この意識の改革が最初にして最大の難関です。しかしそれさえ出来てしまえば、後は治療をするだけ。意識を変えてもらうことに比べたら簡単なことです。

それでもどうかな、何度も病院に行けと言ったけど聞かなかったあの人が本当に治療を続けられるかな、と思われるかもしれません。

そんな方のためにおすすめの治療薬があります。それは、Dr.Gsクリアネイルという爪水虫専用の塗り薬です。1日2回、ご家庭で患部に塗るだけで、爪水虫が治療出来るというお手軽なものです。これならご自宅で手軽にケア出来ますから、治療を始めることにより意識改革を促すことになるかもしれません。

病院にかかり爪水虫と診断されると、内服薬での治療がメインになります。比較的重い副作用が懸念されるので定期的な血液検査が必要となり、けっこう大変。しかしDr.Gsクリアネイルなら、ご自宅で簡単に治療できてしまうのです。

簡単にとは言っても、爪水虫の治療は時間のかかるものです。2~3週間で効果は表れると言いますが、完治には爪が生え変わる半年程度は覚悟していただかなければなりません。途中で良くなったように見えて治療を止めるようなことがあったら高確率で再発します。

ご家族にそんなものを飼わせるのか、お子さんにそんなものを育てさせるのか、改めて聞いてみてください。無闇に白癬菌をばら撒くようなことはしないようになるはずです。

 「Dr.Gsクリアネイル」で家族を爪水虫から守り白癬菌を退治
 新薬の「チモールリキッド」を併用し爪水虫から完全に解放